脱毛テープでのワキ脱毛の方法がある

MENU

脱毛テープでのワキ脱毛の方法がある

自宅で手軽にできるワキ脱毛には様々な種類がありますが、その一つとして脱毛テープを使用するという方法があります。テープの粘着力を利用してワキのムダ毛を一気に抜くというものです。脱毛テープでのワキ脱毛のやり方としては、まずはワキを清潔な状態にします。汗や皮脂で汚れている状態だと脱毛効果がうすれてしまうからです。脇のムダ毛が長い場合は短くカットしておくのがおすすめです。

 

あまり短くカットしすぎると逆効果ですので注意が必要です。脱毛テープは様々な大きさのものがあるので、自分のワキにぴったりフィットするような大きさにテープを切って使用しましょう。そのテープをワキに張り一気に剥がします。その際のポイントとしては、ムダ毛が生えている向きに逆らって剥がすと脱毛効果が高まります。躊躇せずに思い切って素早く剥がすようにしましょう。1回で十分な脱毛効果が得られなかった場合は何回か行いましょう。脱毛テープでのワキ脱毛後は、しっかりとアフターケアをする必要があります。テープの粘着力による刺激で肌が荒れたり乾燥したりすることがありますし、毛穴に負担がかかるので炎症を起こすこともあります。ですので、脱毛後はしっかりと肌にうるおいを与えるための保湿ケアを徹底的に行いましょう。

 

グリチルリチン酸などの炎症を抑える効果がある成分や保湿成分や美白成分が配合されているクリームやローションを使用するのがよいでしょう。保湿ケアを怠ると角質のバリア機能が低下してターンオーバーの乱れにもつながります。そのことによりメラノサイトからメラニンが生成されて色素沈着を起こしやすい肌環境となり、ワキの黒ずみなどにつながってしまうこともあります。脱毛テープでのワキ脱毛後は必ずケアをするということを心がけましょう。保湿をすることで肌が柔らかく健やかになり埋もれ毛の予防にもつながります。カミソリで剃るよりもムダ毛のないきれいな状態を長持ちさせることができる脱毛テープでのワキ脱毛の正しいやり方を知って効果的にムダ毛のお手入れを行いましょう。