顔脱毛の光脱毛とレーザー脱毛のメリットデメリット

MENU

顔脱毛の光脱毛とレーザー脱毛のメリットデメリット

今や脱毛をすることは当たり前の時代となり、自己処理に悩んでいた女性達は脱毛によってムダ毛の悩みを解消しています。ワキや腕、足の脱毛は一般的ですがデリケートゾーンのvioライン顔脱毛を行えるようになり、指示を広めています。顔は、男性だけでなく、女性も自己処理をしている部分です。顔のウブ毛を剃ると化粧ノリが良くなります。

 

また口周りに生えているウブ毛は、女性なら絶対処理したいところです。顔そり用のカミソリや、電動カミソリで処理するのですが、他の部位と同じく肌にトラブルが生じたり、毛が濃く太くなってしまいます。顔脱毛を行うと、自己処理をすることがなくなるので肌のトラブルを回避できます。エステサロンでの光脱毛と、クリニックでのレーザー脱毛で処理できます。

 

光脱毛は、エステティシャンによる施術を行います。光脱毛は除毛・減毛を行う脱毛のため、痛みが少なく肌のトラブルが少ないと言われています。しかし、脱毛が完了してもしばらくするとまた毛が再生することがあります。脱毛完了まで2年かかります。レーザーは毛の毛根や毛乳頭を破壊して毛を脱毛するので確実に脱毛できますが、その分痛みを伴います。

 

肌のトラブルも生じやすいですが、クリニックのため医師による診察を行えますし、トラブルの対処は万全です。光とレーザーのメリットデメリットを理解した上で顔脱毛の施術を受ければ、顔のムダ毛の悩みを解決できるでしょう。

 

トップページ